借入のキッカケは勤めていた会社が倒産したこと

情けない話ですが、複数の貸金業者を利用した結果、債務の総額が300万になってしまいました。

借入のキッカケは、勤めていた会社が倒産したことです。

再就職も難しく、貯金を切り崩すのも限界になって、キャッシングのお金でなんとか生活していました。

ややあって、今の会社で働けるようになりましたが、それまでの借金の返済が苦しく、最終的には債務整理を行いました。

今は借金も払い終え、一般的な暮らしが送れるようになりました。

債務整理したらブラックになってしまいますが、その影響を家族も受けるということはありません。

身内の中に借金がかさんで債務整理をしたという人がいても、制約がかかるのは本人だけですので、その家族はローンやキャッシングを使うことも制限されません。

とはいえ、そうとは限らない場合があります。

もしも保証人が家族の場合は、その家族が返済義務を負うことになってしまうでしょう。

このところ、債務整理を行って借金を整理する人も多いようです。

借金地獄からは解放されるものの、クレジットカードや金融機関のローンの審査に落ちやすくなるなどのデメリットがあることを忘れてはいけません。

ここで問題になるのが賃貸のアパートやマンションを借りることができるのかということでしょう。

現状としては、契約不可のところもありますが、それほど数は多くないようです。

契約可能な物件の数は少なくなってしまいますが、どこかで借りられることは確実ですから、不安に思わなくても大丈夫でしょう。

もし、金額の大きい債務整理を考えているのなら、司法書士より弁護士に相談しましょう。

司法書士では1社からの借金が140万円より多い場合の債務整理に関わることができないからです。

弁護士の場合はこうした制限は設けられていませんから、大きな借金がある人も安心ですし、訴訟時には弁護士の方が有利だといえます。

もし、取り立てが繰り返されているようなら、弁護士であれば手続きをとったその日の内から債権者からの取り立てを法律的に止めることができます。

処分する借金を、債権者ごとに選択できるのが任意整理です。

ですから、携帯電話会社を債務整理の対象外に指定すれば、携帯電話が債務整理で処分される可能性はありません。

新規契約や機種変更も制限はかかりませんが、当然ながら、ローンの利用ができないので、機種代は購入時に一括で払わなければなりません。

けれども、携帯電話料金も払っていない状態であれば、この限りではありませんから気を付けてください。

クレジットカードはとても便利なものですが、返済能力を超えた使い方をすると、毎月の返済が困難になります。

こうした状態になったら、債務整理をすることで、増え過ぎた利息や元本を減らしたり、毎月の返済額を適正な範囲にして返済することもできるでしょう。

けれども、当然ながら債務整理をすればカードの利用ができなくなりますし、場合によっては、ショッピング枠で購入した商品が整理の対象になり、クレジット会社に引き上げられることがあります。

個人再生や自己破産などの債務整理をしたら、本人の名前や住所が官報に掲載されます。

あまりなじみのない官報ですが、これは国の機関誌で、自己破産ならば二度掲載されますし、あるいは、個人再生であれば三度、氏名と住所が公告されるでしょう。

公告期間は1ヶ月あるのですが、身近なものではありませんし、ほとんどの人は閲覧しません。

なお、任意整理をした人は100%掲載されません。

債務整理は、多重債務などで支払えなくなった借金を整理するのに有効な手段ですが、無事に解決するまで、どれくらいの時間を必要とするのでしょうか。

当然ですが、債務整理の中でも行った債務整理が違えば時間も変わります。

でも、基本的にどのような債務整理の方法でも、絶対に3か月は必要になります。

当然ですが、債権者の数が増えると手続きにも時間がかかりますから、1年近くかかるケースや、場合によってはそれ以上の時間が必要になることも珍しくありません。

任意整理で借金を清算したケースでは、弁護士などが和解契約を行い、債務額を減らした状態で月々の支払いを続けます。

この時に何らかの事情で金銭的な余裕が出たのであれば、繰り上げ返済で返済期間を短くしたり、一括ですべて払い終える方法も使えます。

任意整理した際に、司法書士や弁護士などに手続きをお願いしていたのなら、債権者への連絡は、再度、この弁護士などから連絡をしてもらった方が良いと思います。

多重債務の状態になっている人は、債務整理をする前にまず、今ある全ての借金を「おまとめローン」などで一本化することを優先しましょう。

本来の借金の額自体は変わりませんが、大きなひとつの債務として取り扱われるようになり、利息の重荷が少しは減らせるのではないでしょうか。

煩雑になっていたそれぞれの会社への返済もスッキリして、バラバラだった毎月の返済を一回で済ませられるようになります。

おまとめローンもできないとなった段階で、本当に債務整理の手続きをするのも遅すぎることはありません。