デトックススープを飲んで食べすぎ防止

もう半年くらい、夫婦でデトックススープにはまっています。

結婚してから、二人とも5キロくらい体重が増えてしまって、年齢的にも代謝が落ちてきたのに食欲は減退しない・・・という状態。

このままでは、どんどん太ってしまうし、どうしよう?と最初は、コールスローキャベツを食事前に一人一皿食べておなかを膨らませてから夕食をとっていたのですが、毎日キャベツというのが味気なくて飽きてしまいます。

それに、素のキャベツは味気ないのでドレッシングをかけますが、主人はノンオイルドレッシングだとおいしくないと油分の入ったドレッシングをドバドバかけて食べるので、ヘルシーなのか相当疑問に。

そこで、以前、テレビで見たことのなるデトックススープを我が家流にアレンジして食べています。

トマト味をベースに、セロリ、パプリカ、玉ねぎ、ニンジン、キャベツなどたくさんの野菜と、トリささみが基本だとは思うのですが、毎回ささみだと飽きてしまうので、脂身の少ない豚や時にはベーコンやウインナー、魚介などをダシのベースにしてトマト味にカレーパウダーをプラスするなどしてアレンジ。

こうすると飽きずにおいしく食べることができますし、温スープなので大量の野菜が一食でとることができ、食物繊維豊富な食事へと変化したのでお通じもよくなって肌の調子も良くなりました。

 

食べ物には一番気をつかっています

若いころは特に何も気にかけていませんでしたが、加齢と共に、肌や体に気をつけるようになりました。

食べたものから体が作られるという事で、食べ物には一番気をつかっています。

空腹時に炭水化物を一番に摂ってしまうと、血糖値が急激に上がり、体に良くないと効いたので、毎食必ずサラダなどの野菜類を食べ、次にたんぱく質、最後に炭水化物を食べるようにしています。

間食は出来るだけ摂らないように心がけ、デザートは夕食後に食べています。

朝起きてから、一番に取るものは体にまっすぐ吸収されそうなので、冬場は白湯を飲み、夏はミネラルウォーターで水分補給してから昼食を食べています。

食べ物の他に気を使っているのは、睡眠時間です。

10時から2時の間は睡眠をとったほうが良いと聞くので、12時頃には寝るようにし、寝不足にならないよう、十分に睡眠をとっています。

肌のお手入れに関しては、出来るだけ日焼けをしない事、日光に長時間あたった日は、ホワイトニングの美容液やマスクを使用し、肌に影響が現れないようにしています。

夜は疲れていてもお風呂に入り、クレンジングは必ず落として就寝します。

湯船につかった方が翌日の疲労感が和らぐのと、血行が良くなり、体が活性化されたような気がします。

こういったことを数年続けていますが、初対面の人に10歳くらい若く見られることがよくあります。

 

日常生活を「美活」にしたい

主婦なので自分の美容にかけるお金も時間もありませんが、主婦ならではの方法で生活習慣、食事には気をつけています。

子どもがまだ小さいので、子どもに合わせた生活をしていると色々と規制があり、食べたいものが食べられず健康的に痩せていく気がします。

それまでは大好きだった菓子パン、チョコレート、炭酸ジュースなどは食べないかわりに、ホームベーカリーでニンジンやコーン入りのパンを焼き、お菓子もシンプルな材料で手作りしています。

ジュースも市販のものではなく冷凍保存した果物とヨーグルトや牛乳などをミキサーにかけてでスムージーを作っています。

夜は8時以降は食べずに22時には就寝、朝は5時に起きて一日の食事作りをします。

健康的な生活をしていると、その上でのスキンケアや筋力トレーニングなどが活きてくる気がします。

個人的には、何かを取り入れるより、身体に不要なものを「排出」するデトックスの方が重要だと感じています。

取り入れるにはお金がかかるので…。

それでも亜麻仁油や酵素ドリンクなどは興味深いです。

日常生活の中で美活を目指している今日この頃です。