たるみやしわ、やけどの跡が気になります。

実は、45歳を越えたころから鏡を二度見するほど肌の衰えを感じるようになりました。

だんだんと法令線が深くなって、その深い法令線の横にもう一つ小さな縦皺が出来てしまいました。

この二つ目の皺がとても気になります。

アニメなどでもよく見かける、その小さな皺が「年齢」なんだなぁとつくづく思うようになりました。

また、目の下の薄い皮膚が弛んだようになって膨らんできました。

これも老け顔の特徴でしょうか。

一気に年齢を感じるようになりました。

そんな矢先に料理中に油が跳ねてしまい、小鼻の横に直径1センチ近くの火傷をしてしまいました。

若いころには火傷をしても、すぐに治ってシミにもなりませんでしたが、半年経った今、腕の火傷の後は消えましたが顔の方はうっすらとシミになって残っています。

お化粧をする時には、コンシーラーで誤魔化すのですが化粧が崩れてくるとやはり目立ちます。

年齢を重ねると、その年代らしい衰えも受け入れるべきだと頭では分かっているのですが、見た目は少しでも若々しくありたい。

この気持ちこそが、それなりの年齢になった証拠なのかもしれません。

友人から「姿勢を良くすると、老けているイメージが少し弱くなるらしい」と聞いて、出来るだけ良い姿勢でいるように心がけています。

また、人相学的にも良くないと聞いたので、眉間にしわを寄せないように注意もしています。

40代は不惑といいますが、まだまだ迷ったり悩んだりが多い年代ですね。

【参考】透輝の滴 通販

 

美人への第一歩!まずはココロから輝く女性に

いつの時代も女性は、美に対する意識が高いものです。

食べ物や睡眠に気を付け、化粧品、メイク、ヘアスタイル…

気を付けることがたくさんありすぎて、疲れてしまうこともありませんか。

美容に対して一番効果があるのは、実は、「心の中から輝くこと」なのです。

例えば、恋をしている女性は綺麗ではありませんか?
仕事を頑張っている女性、美しくないでしょうか?

精神的に安定している、幸福状態にある人は、見た目も綺麗に見えます。

「ストレスを溜めないこと」と近いかもしれません。

「美」というのは、「肌が綺麗」「メイクがお洒落になった」などという、言葉で説明できるものばかりではありません。

内面から輝いている場合、説明できない「オーラ」があります。

綺麗になりたいと思ったら、まずは自分が輝ける場所を探してみて下さい。

恋をするのも勿論良いでしょう。

また、恋や仕事、趣味など、頑張っている人は無意識のうちに体調管理にも気を付けるようになりますし、メイクやヘアスタイルも洗練されます。

美容のための努力はもちろん必要です。

が、あれこれ試してストレスになってしまっては本末転倒です。

まずは精神的な余裕を手に入れること。

これが美人への第一歩です。